治験時代

治験時代

狭心症・MRSA の実績

2017-04-05 18:00:02 | 日記
?治験について書きます今回の治験(が決定すればだけど)は正に希望が叶ったことになりますな。
医療のICT化と遺伝子解析を利用した治療方法の確立してます。
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
場所で見つかるようになり、そもそも郵便局に行ったかどうか。
これがココナツオイルから抽出されることを知ったメアリー。
だったら病院内で何か変わったのか?とりあえず明細に目を通す。貯金が残った事実は試験合格とおなじぐらい褒め称えたいことである。
死者にこんな事は云うべきではないのかも知れないけどさ。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウイルス感染症治療薬 の実績 | トップ | 九州大学病院治験 とは? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。