治験時代

治験時代

白血病 の裏話

2017-07-15 11:00:03 | 日記
?治験について書きます元々うちの親はナースやっていたから、医学の役に立ちたいって願望もあったので
ことだが、こうしたタイムリーな話題に乗るだけでなくてね・・・。
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
新薬の治験を探すことにしましたが、その望みは早々に打ち砕かれます。
なんと、沈みがちだった性格も快活になり、会話能力も戻ってきたとか。
それでも自分の直前で復帰し、通常通りに進んで呼ばれる。
3度目の治験で運よく合格することができた。合格ってかね。
自らの見識の誤りを詫びて職を辞する?悔い改めてみることが大事。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糖尿病 について | トップ | エリスロマイシン(局) と効果 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。