治験時代

治験時代

オフロキサシン の裏話

2016-10-11 11:00:02 | 日記
?治験について書きます不満が無いわけではないけど、概ね仕方がないと飲み込んでおる。
DNAをクラウドコンピューティングで解析し、処方箋を出すなんて時代です。
この病気ですが、今その根本的治療の突破口となりうる物質ある。
スティーブさんの症状があまりに進行しすぎていたため少し遅かった。
オートミールに混ぜ、スティーブさんに食べさせたのです。
到着すると何かがおかしい…機械にカバーかかっとるやんけ!
キッカケとなった“(病院番号で呼ばれた事への)ブ〜垂れ”発言。
『バレませんから』→『パンチラとか物陰で××』…(;◇;)キモすぎる
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セフロキシムアキセチル(局... | トップ | プロカテロール(塩酸塩)(... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。