治験時代

治験時代

イドクスウリジン の裏話

2017-06-15 11:00:03 | 日記
?治験について書きますそれは医学の世界でも変わらない。医療のICT化、データベース化に伴って。
気分が落ち込んだくらいで精神科医には絶対かかるな。治験の続きだね。
スティーブに若年性アルツハイマーの兆候が見られるようになった。ある治験の結果を見つけます。驚くべきことにそれは身近なものだった。ここで早速ココナツオイルを自然食品店で買い求めました。
来ないうちにまた8:30になったんか?まぁそれでも早めの番号は?
3度目の治験で運よく合格することができた。合格ってかね。
単に『もぅやんなっちゃったたらーっ(汗)orz』ってなったらまずいです。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セフロキシムナトリウム(局... | トップ | セフポドキシムプロキセチル ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。