治験時代

治験時代

水頭症 の裏話

2017-05-15 11:00:02 | 日記
?治験について書きます今回の治験(が決定すればだけど)は正に希望が叶ったことになりますな。
分子量8万以下のタンパク質。NK細胞 がん細胞を殺傷する。
この病気ですが、今その根本的治療の突破口となりうる物質ある。
偶然見つけた物質がもたらした、劇的な症状改善が治験に関係ある。
その治験で使用されたのは、MCTオイルと呼ばれる油ですね。
金額に戸惑う。『ね、値上がりしてる!?』治験の費用が。
電子カルテになっても、楽になるわけじゃないんだなぁ…
そんな心の弱さなら、生きててもロクな仕事は成さなかっただろう。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪性リンパ腫 について | トップ | トリプシン について »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。