治験時代

治験時代

水頭症 の裏話

2017-05-15 11:00:02 | 日記
?治験について書きます今回の治験(が決定すればだけど)は正に希望が叶ったことになりますな。
分子量8万以下のタンパク質。NK細胞 がん細胞を殺傷する。
この病気ですが、今その根本的治療の突破口となりうる物質ある。
偶然見つけた物質がもたらした、劇的な症状改善が治験に関係ある。
その治験で使用されたのは、MCTオイルと呼ばれる油ですね。
金額に戸惑う。『ね、値上がりしてる!?』治験の費用が。
電子カルテになっても、楽になるわけじゃないんだなぁ…
そんな心の弱さなら、生きててもロクな仕事は成さなかっただろう。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪性リンパ腫 について | トップ | トリプシン について »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事