治験時代

治験時代

パーキンソニズム(前頭葉萎縮) と効果

2016-10-14 11:00:03 | 日記
?治験について書きます今回の治験(が決定すればだけど)は正に希望が叶ったことになりますな。
「うつ病」をアルツハイマー病に置換えれば分かりやすいと思う。いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
2001年頃のことでした。この頃から治験もおおやけになってました。
ここで早速ココナツオイルを自然食品店で買い求めました。
だったら病院内で何か変わったのか?とりあえず明細に目を通す。もちろんそんな事実は無い。それを問いただしたらなんだかんだでまた20分。
数ヶ月おきの病院検査で『次の検査まではとりあえず“生”を許された。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 躁病 とは? | トップ | 前立腺肥大症 と効果 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。