治験時代

治験時代

レボホリナートカルシウム??の話

2016-10-12 11:00:02 | 日記
?治験について書きます地元から遠かったので、調べて武蔵野日赤にしたんだよね。
医療のICT化と遺伝子解析を利用した治療方法の確立してます。
スティーブに若年性アルツハイマーの兆候が見られるようになった。ある治験の結果を見つけます。驚くべきことにそれは身近なものだった。これがココナツオイルから抽出されることを知ったメアリー。
前回から外来の受付が8:00になっていたわけですが、いつも通り8時すぎ。
さらに数分ロス。結局、東京駅には3時過ぎに到着してほどよい時間にはなりましたけど。
単に『もぅやんなっちゃったたらーっ(汗)orz』ってなったらまずいです。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抗結核薬 について | トップ | クロトリマゾール(局) の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。