治験時代

治験時代

認知症 の実績

2017-03-08 03:00:03 | 日記
?治験について書きます治験に成功して、ここは肝臓癌に関しては良いドクターがいるからね。
元記事ではiPS細胞を使った臨床治験を、加齢黄斑変性の患者に行う。
いわゆる“アルツハイマー病”です。これでうつ病も厳しいですね。
スティーブさんの症状があまりに進行しすぎていたため少し遅かった。
劇的な変化をもたらします。ココナツオイルの摂取を始めて一週間ほどです。
待ってたら若干早めに呼ばれる。そこから治療までも早く進みます。
治験ボランティアでやりくりをすることで、なんとか貯金を崩すことなく乗り切ることができた。
数ヶ月おきの病院検査で『次の検査まではとりあえず“生”を許された。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪性黒色腫 の裏話 | トップ | セフロキシムアキセチル(局... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事