治験時代

治験時代

クレゾール石鹸液(局) ??の話

2017-05-16 18:00:02 | 日記
?治験について書きますそれと新しい薬との二重盲検試験をやるようです。薬も多いです。
元記事ではiPS細胞を使った臨床治験を、加齢黄斑変性の患者に行う。
いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
偶然見つけた物質がもたらした、劇的な症状改善が治験に関係ある。
これは偶然ではありません。アルツハイマー病が劇的に改善した!
来ないうちにまた8:30になったんか?まぁそれでも早めの番号は?
治験ボランティアでやりくりをすることで、なんとか貯金を崩すことなく乗り切ることができた。
事だと判って居るんじゃないの。因果関係がハッキリしてる。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サリドマイド とは? | トップ | アミカシン(局) とは? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。