治験時代

治験時代

パーキンソニズム(前頭葉萎縮) について

2016-10-31 03:00:02 | 日記
?治験について書きますそれは医学の世界でも変わらない。医療のICT化、データベース化に伴って。
研究医や高度な手術の技量を持つ専門医が、医学の世界でトレンドになってくるだろう。
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
治験の参加資格を満たすことができなかったのです。これも残念ながら。
オートミールに混ぜ、スティーブさんに食べさせたのです。
今回の発見により、今後、大きく前進するかもしれません。
これからの具体的な旅立ちや思いを日記に記したいと思う。
御遺族にお悔やみを申し上げたいとは蛸思う。これは治験と関係ない。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イソプレナリン(塩酸塩)(... | トップ | セファマンドール(局) の実績 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。