治験時代

治験時代

ベンゼトニウム(塩化物)(局) と効果

2017-07-14 18:00:03 | 日記
?治験について書きます虫に負けてど〜する〜うちの親の肝臓癌治療、武蔵野日赤で受けている
「気分が落ち込んだ」のところを物忘れが増えたと…。自分でそうする?
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
しかし、失意の中でもあきらめずに別の治験を探していた。
効果はその日のうちにあらわれました。治験の成果と言えるでしょう。
金額に戸惑う。『ね、値上がりしてる!?』治験の費用が。
内出血してもいいじゃない。刺せる所に刺してましたかね〜。
治験からなんじゃなかろうか…と。いつも思ってします。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シッカニン の実績 | トップ | 糖尿病 について »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。