治験時代

治験時代

??の話

2017-06-14 11:00:02 | 日記
?治験について書きますですが、次回からは動脈塞栓術やラジオ波ではなく治験は難しい。
そのための技術革新に対応した医療システムの構築を望む。
アルツハイマー病は“第3型糖尿病”とも呼ばれるようですよ。
ひと月の間に3回も財布をなくすなど、その症状は日を追って顕著になっていきました。
効果はその日のうちにあらわれました。治験の成果と言えるでしょう。
あまちゃんからイノっちに変わった辺りで受付開始。カウンターでね。人力。
内出血してもいいじゃない。刺せる所に刺してましたかね〜。
治験かなと解釈しながら『今の蛸自分に何が出来る』と生きて。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 骨髄腫 について | トップ | 椎間板ヘルニア の実績 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。