治験時代

治験時代

パロモマイシン と効果

2017-07-06 18:00:02 | 日記
?治験について書きます自宅に居ながらネットで医師の診断を受けられたりするだけではないかな?今日のお勉強サイトカイン 細胞から放出される細胞間情報伝達分子。
反政府運動の後押しをしたり各国間の緊張を煽って生き残ろうとするのが軍需産業。
回復させたいと願うメアリーは、この病気の治療に効果が期待できると。
中鎖トリグリセリドを多く含むココナツオイルのアルツハイマー病への効果。
金額に戸惑う。『ね、値上がりしてる!?』治験の費用が。
電子カルテになっても、楽になるわけじゃないんだなぁ…
単に『もぅやんなっちゃったたらーっ(汗)orz』ってなったらまずいです。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抗結核薬 の実績 | トップ | 痔 の実績 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事