治験時代

治験時代

滑脳症 ??の話

2017-07-11 18:00:02 | 日記
?治験について書きます元々うちの親はナースやっていたから、医学の役に立ちたいって願望もあったので
元記事ではiPS細胞を使った臨床治験を、加齢黄斑変性の患者に行う。
認知症ですが、その約7割がアルツハイマー型認知症ってことらしい。
その後も症状は進行し、彼が回収してくるはずの郵便物がおかしい。
ここで早速ココナツオイルを自然食品店で買い求めました。
ん〜この2週間に法改正でもあったか?そんな話は聞かないけどなぁ…
3度目の治験で運よく合格することができた。合格ってかね。
因果関係が判って居る…おまけに其れは自らの言動が巻き起こした。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳がん・胃がん の裏話 | トップ | プラノプロフェン(局) に... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事