治験時代

治験時代

オセルタミビル(燐酸塩) のおすすめ

2017-06-02 11:00:03 | 日記
?治験について書きます次第でありますダッシュ(走り出す様)あぁ治験の身のやるせないことよのぉ
精神科医は楽になる薬を処方するが、それは悪魔の薬だ。
医は算術でもある。気をつけよう。自分で道を切り開く。
ひと月の間に3回も財布をなくすなど、その症状は日を追って顕著になっていきました。
記憶能力にも一定の改善が見られたといいます。これも治験の成果でした。
今回は治療を受けるだけやったんで、スケジュール的には楽。
浪人時代の生活費は実家にいたことと、月に1度の派遣のバイト。
死者にこんな事は云うべきではないのかも知れないけどさ。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケトコナゾール(ニゾラール... | トップ | ピロールニトリン について »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。