治験時代

治験時代

自己免疫性溶血性貧血 とは?

2017-05-20 03:00:02 | 日記
?治験について書きます元々うちの親はナースやっていたから、医学の役に立ちたいって願望もあったので
気分が落ち込んだくらいで精神科医には絶対かかるな。治験の続きだね。
いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
思い出せないというケースが生じるようになります。薬でもどうしようもない。
米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能には、MCT(中鎖トリグリセリド)と呼ばれる。
今回の発見により、今後、大きく前進するかもしれません。
医療スタッフの腕は信用してるんですが、事務方は…ね。かなり微妙。
今回の件に対する身の処し方は幾らでもある様に思える…。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グアナベンズ(酢酸塩)(局... | トップ | の実績 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。