治験時代

治験時代

酒石酸ナトリウムアンチモン と効果

2016-11-08 11:00:02 | 日記
?治験について書きますにしても怖いぜ凄いぜ謎の虫網戸の隙間からグリグリ入ってくるアカイエカも怖いのはメス姫
分子量8万以下のタンパク質。NK細胞 がん細胞を殺傷する。
いわゆる“アルツハイマー病”です。これでうつ病も厳しいですね。
2008年、スティーブさんに突然「ジュリー(メアリーとスティーブの娘)の父親は誰だっけ?」
その治験では、多くの患者に症状の改善が見られたのです。
待ってたら若干早めに呼ばれる。そこから治療までも早く進みます。
途中で失業保険がでたり・ツタヤのバイトをしてすぐ辞めてみたりいて。
単に『もぅやんなっちゃったたらーっ(汗)orz』ってなったらまずいです。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルミノプロフェン について | トップ | 脳腫瘍・クモ膜下出血 と効果 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。