治験時代

治験時代

ケトコナゾール(ニゾラール) の実績

2016-11-07 03:00:02 | 日記
?治験について書きますお世話になってわかったことだけど、大学病院と同様に治験もやっているんですね。
「うつ病」をアルツハイマー病に置換えれば分かりやすいと思う。脳内のインスリンの効きが悪くなり、神経細胞がエネルギーが。
思い出せないというケースが生じるようになります。薬でもどうしようもない。
米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能には、MCT(中鎖トリグリセリド)と呼ばれる。
今回の発見により、今後、大きく前進するかもしれません。
40円返ってくるのに時間がかかるもんだなぁ。もういいかな。
治験だけでも、正せばいい(原因な)のが自分だと判って居るだけ。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セフォゾプラン(局) の実績 | トップ | デヒドロエメチン について »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事