治験時代

治験時代

アルコール依存症 と効果

2016-10-18 11:00:02 | 日記
?治験について書きますうちの親の肝臓癌(C型肝炎→肝硬変→癌)が発見されたのは2年前だったかな。
「うつ病」をアルツハイマー病に置換えれば分かりやすいと思う。その数は2012年時点で462万人にのぼるという厚生労働省研究班の調査結果を報じました。
新薬の治験を探すことにしましたが、その望みは早々に打ち砕かれます。
効果はその日のうちにあらわれました。治験の成果と言えるでしょう。
ん〜この2週間に法改正でもあったか?そんな話は聞かないけどなぁ…
内出血してもいいじゃない。刺せる所に刺してましたかね〜。

[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セファマンドール(局) の実績 | トップ | ブクモロール(塩酸塩)(局... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。