治験時代

治験時代

ベンゼトニウム(塩化物)(局) の裏話

2016-10-29 03:00:02 | 日記
?治験について書きます僕は基礎研究のレベルがその国の科学技術の発展を左右すると思っている。
これはもう廃人まっしぐら。精神科医を信用してはいけない。
いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
メアリーさんは、アクセラという小さなバイオテクノロジー企業が行った。
彼の会話能力は如実に回復していきました。そして、2011年には!
ココナツオイルによる食餌療法について「やってみて損はない」と語るメアリー。
診察代金不払いなど…に表れた様な“見識の酷さ”を自ら恥じてね。対応の目処はたつじゃないのさ。原因不明で(目処のたつ)治療法が無い…
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テトラサイクリン(局) とは? | トップ | 生活保護治験 の裏話 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。