治験時代

治験時代

酒石酸ナトリウムアンチモン とは?

2017-06-19 11:00:02 | 日記
?治験について書きます虫に負けてど〜する〜うちの親の肝臓癌治療、武蔵野日赤で受けている
分子量8万以下のタンパク質。NK細胞 がん細胞を殺傷する。
この病気ですが、今その根本的治療の突破口となりうる物質ある。
治験の参加資格を満たすことができなかったのです。これも残念ながら。
効果はその日のうちにあらわれました。治験の成果と言えるでしょう。
もらってるから急ぐ必要はないかと思いながら待っています。
治験の研究してるんですけどねぇ…しかし病院もやっぱミスありますな(笑)
『バイトを募集してるんですけど』→『治験』→『下着のモデル』
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アセチルスピラマイシン(局... | トップ | セミアルカリプロテイナーゼ ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。