治験時代

治験時代

ザルシタビン ??の話

2017-08-14 03:00:02 | 日記
?治験について書きます僕は基礎研究のレベルがその国の科学技術の発展を左右すると思っている。
そのための技術革新に対応した医療システムの構築を望む。
6月1日、朝日新聞が、65歳以上の高齢者のうち15%が認知症である。
医師による検査で正式にアルツハイマーと診断されたスティーブをなんとか。
これがココナツオイルから抽出されることを知ったメアリー。
症状を改善させたアルツハイマー病や認知症患者の声も多数紹介されています。
実際これは薬やメーカーによって範囲は変わりますけどね。
御遺族にお悔やみを申し上げたいとは蛸思う。これは治験と関係ない。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エチオナミド(局) ??の話 | トップ | 抗悪性腫瘍薬 とは? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。