治験時代

治験時代

子宮筋腫 ??の話

2016-12-31 18:00:01 | 日記
?治験について書きます次第でありますダッシュ(走り出す様)あぁ治験の身のやるせないことよのぉ
研究医や高度な手術の技量を持つ専門医が、医学の世界でトレンドになってくるだろう。
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
探し物をしている最中に自分が何を探しているかを忘れてしまう。
前日の審査よりも大幅に記憶力を改善させたスティーブさんでした。
あまちゃんからイノっちに変わった辺りで受付開始。カウンターでね。人力。
通常ならば先生の診察代210円だけなのに、明細には注射を打ったことになっていた。
『バイトを募集してるんですけど』→『治験』→『下着のモデル』
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラリスロマイシン(局) ... | トップ | 脊索腫 の実績 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。