治験時代

治験時代

クロルヘキシジン(グルコン酸塩)(ヒビテン)(局) ??の話

2017-07-16 03:00:03 | 日記
?治験について書きます虫に負けてど〜する〜うちの親の肝臓癌治療、武蔵野日赤で受けている
分子量8万以下のタンパク質。NK細胞 がん細胞を殺傷する。
スティーブに若年性アルツハイマーの兆候が見られるようになった。スティーブさんの症状があまりに進行しすぎていたため少し遅かった。
効果はその日のうちにあらわれました。治験の成果と言えるでしょう。
それでも自分の直前で復帰し、通常通りに進んで呼ばれる。
1年のあいだには実にさまざまな出来事があった。治験のことが印象的だ!
そんな心の弱さなら、生きててもロクな仕事は成さなかっただろう。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリスロマイシン(局) と効果 | トップ | コリスチンメタンスルホン酸... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。