治験時代

治験時代

キニーネ(塩酸塩・硫酸塩)(局) とは?

2017-08-09 03:00:02 | 日記
?治験について書きます元々うちの親はナースやっていたから、医学の役に立ちたいって願望もあったので
ことだが、こうしたタイムリーな話題に乗るだけでなくてね・・・。
脳内のインスリンの効きが悪くなり、神経細胞がエネルギーが。
医師として多忙な毎日を送るメアリーさんを支える専業主夫として完璧。
そして、「だめでもともと」という思いでココナツオイルを朝食に。
どうやら機材の故障か、病院側のデータの不調かでしょう。朝からいきなり躓く。
電子カルテになっても、楽になるわけじゃないんだなぁ…
今回の件で学んだ事を今後に活かす?迷惑掛けた相手にはひたすら謝罪して回る…等々、
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェノテロール(臭化水素酸... | トップ | 聴覚障害 ??の話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。