治験時代

治験時代

トリプシン について

2017-05-12 03:00:02 | 日記
?治験について書きますうちの親の肝臓癌(C型肝炎→肝硬変→癌)が発見されたのは2年前だったかな。
「うつ病」をアルツハイマー病に置換えれば分かりやすいと思う。6月1日、朝日新聞が、65歳以上の高齢者のうち15%が認知症である。
医師による検査で正式にアルツハイマーと診断されたスティーブをなんとか。
オートミールに混ぜ、スティーブさんに食べさせたのです。
効果的な治療法が見つかっていないアルツハイマー病の研究でした。
内出血してもいいじゃない。刺せる所に刺してましたかね〜。

[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小脳出血 の裏話 | トップ | テラゾシン(塩酸塩) とは? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。