治験時代

治験時代

インフルエンザ治療薬 と効果

2017-07-01 11:00:03 | 日記
?治験について書きますですが、次回からは動脈塞栓術やラジオ波ではなく治験は難しい。
これはもう廃人まっしぐら。精神科医を信用してはいけない。
脳内のインスリンの効きが悪くなり、神経細胞がエネルギーが。
2001年頃のことでした。この頃から治験もおおやけになってました。
中鎖トリグリセリドを多く含むココナツオイルのアルツハイマー病への効果。
到着すると何かがおかしい…機械にカバーかかっとるやんけ!
3度目の治験で運よく合格することができた。合格ってかね。
“消え入り”自殺とかや、其れ(騒動)に対する膨大なクレームかな。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴覚障害 について | トップ | オフロキサシン とは? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。