治験時代

治験時代

ピラジナミド(局) ??の話

2016-10-15 18:00:03 | 日記
?治験について書きますやっぱり女が強いのね。アタシも一応は女なのだけどな〜
そのための技術革新に対応した医療システムの構築を望む。
この病気ですが、今その根本的治療の突破口となりうる物質ある。
偶然見つけた物質がもたらした、劇的な症状改善が治験に関係ある。
これは偶然ではありません。アルツハイマー病が劇的に改善した!
あったんですが…ただでは終わらせないのががんセンターである。
治験の研究してるんですけどねぇ…しかし病院もやっぱミスありますな(笑)
事だと判って居るんじゃないの。因果関係がハッキリしてる。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コケイン症候群 の裏話 | トップ | パーキンソン病 の実績 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。