治験時代

治験時代

セファマンドール(局) の実績

2016-10-31 11:00:02 | 日記
?治験について書きますうちの親の肝臓癌(C型肝炎→肝硬変→癌)が発見されたのは2年前だったかな。
医療のICT化と遺伝子解析を利用した治療方法の確立してます。
脳内のインスリンの効きが悪くなり、神経細胞がエネルギーが。
尋ねられ、夫が娘のことはもちろん妻の自分のことさえわからなくなった。
これは偶然ではありません。アルツハイマー病が劇的に改善した!
機械の前でいつも通りの210円を取り出し、バーコードを通して出てきた。
医療スタッフの腕は信用してるんですが、事務方は…ね。かなり微妙。
今回の件に対する身の処し方は幾らでもある様に思える…。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーキンソニズム(前頭葉萎縮... | トップ | サントニン(局) の裏話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。