治験時代

治験時代

結核 とは?

2017-06-28 18:00:02 | 日記
?治験について書きます分子標的薬の治験(保険適用)やる方向のようです。これもきつい。
分子量8万以下のタンパク質。NK細胞 がん細胞を殺傷する。
医は算術でもある。気をつけよう。自分で道を切り開く。
家事をこなしていたスティーブさんが、娘たちの送迎を忘れがちになったのです。
記憶能力にも一定の改善が見られたといいます。これも治験の成果でした。
効果的な治療法が見つかっていないアルツハイマー病の研究でした。
キッカケとなった“(病院番号で呼ばれた事への)ブ〜垂れ”発言。
『バイトを募集してるんですけど』→『治験』→『下着のモデル』
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タゾバクタムナトリウム・ピ... | トップ | 核酸代謝阻害薬 ??の話 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事