治験時代

治験時代

ピロキシカム の裏話

2016-10-01 11:00:03 | 日記
?治験について書きますにしても怖いぜ凄いぜ謎の虫網戸の隙間からグリグリ入ってくるアカイエカも怖いのはメス姫
研究医や高度な手術の技量を持つ専門医が、医学の世界でトレンドになってくるだろう。
認知症ですが、その約7割がアルツハイマー型認知症ってことらしい。
回復させたいと願うメアリーは、この病気の治療に効果が期待できると。
その治験では、多くの患者に症状の改善が見られたのです。
あったんですが…ただでは終わらせないのががんセンターである。
人間のすることやし、ミスはあってしかるべきですわね〜。
因果関係が判って居る…おまけに其れは自らの言動が巻き起こした。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラタモキセフナトリウム(局... | トップ | スルコナゾール の実績 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。