治験時代

治験時代

??の話

2017-06-17 18:00:02 | 日記
?治験について書きます治験に成功して、ここは肝臓癌に関しては良いドクターがいるからね。
元記事ではiPS細胞を使った臨床治験を、加齢黄斑変性の患者に行う。
高齢化とセットで語られ、近年メディアで取り上げられることの多い。
しかし、失意の中でもあきらめずに別の治験を探していた。
中鎖トリグリセリドを多く含むココナツオイルのアルツハイマー病への効果。
金額に戸惑う。『ね、値上がりしてる!?』治験の費用が。
実際これは薬やメーカーによって範囲は変わりますけどね。
単に『もぅやんなっちゃったたらーっ(汗)orz』ってなったらまずいです。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オフロキサシン ??の話 | トップ | スルファメチゾール(局) ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。