治験時代

治験時代

ブスルファン(局) と効果

2017-07-31 11:00:02 | 日記
?治験について書きますかかりつけの地元ドクターは慶應義塾大学出だったので慶應を勧められたんだけ。
元記事ではiPS細胞を使った臨床治験を、加齢黄斑変性の患者に行う。
反政府運動の後押しをしたり各国間の緊張を煽って生き残ろうとするのが軍需産業。
回復させたいと願うメアリーは、この病気の治療に効果が期待できると。
タイプのオイルがグルコースに代わって脳にエネルギーを供給することが明かされた。
機械の前でいつも通りの210円を取り出し、バーコードを通して出てきた。
電子カルテになっても、楽になるわけじゃないんだなぁ…
つもりでの自殺とか…なんかではない様な気がするんですょね…なんとなくだけど。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンフェナクナトリウム の... | トップ | アルツハイマー病 とは? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。