治験時代

治験時代

ネチルマイシン(局) とは?

2016-11-26 11:00:02 | 日記
?治験について書きますこの日記でも何回か書いているが、治験についても述べます。
医師を介さずに症状や患者の唾液や血液などに含まれる病原体も。
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
探し物をしている最中に自分が何を探しているかを忘れてしまう。
タイプのオイルがグルコースに代わって脳にエネルギーを供給することが明かされた。
ん〜この2週間に法改正でもあったか?そんな話は聞かないけどなぁ…
この1年間は長くも短くもあり世の中の時間軸や価値観と自分の距離をほどよい距離感とさせてくれた。

[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セフジトレンピボキシル(局... | トップ | 椎間板ヘルニア の裏話 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事