治験時代

治験時代

ツ ??の話

2017-04-06 11:00:02 | 日記
?治験について書きます分子標的薬の治験(保険適用)やる方向のようです。これもきつい。
「気分が落ち込んだ」のところを物忘れが増えたと…。自分でそうする?
自分の娘がわからないアメリカの医師、メアリー・T・ニューポートさんの例。
回復させたいと願うメアリーは、この病気の治療に効果が期待できると。
米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能には、MCT(中鎖トリグリセリド)と呼ばれる。
今回は治療を受けるだけやったんで、スケジュール的には楽。
貯金が残った事実は試験合格とおなじぐらい褒め称えたいことである。

[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州大学病院治験 とは? | トップ | デメチルクロルテトラサイク... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。