治験時代

治験時代

エチオナミド(局) ??の話

2017-08-13 18:00:02 | 日記
?治験について書きます地元から遠かったので、調べて武蔵野日赤にしたんだよね。
がんの種類によっては殺傷しない場合がある。精神科医だった親父の遺言です。
反政府運動の後押しをしたり各国間の緊張を煽って生き残ろうとするのが軍需産業。
偶然見つけた物質がもたらした、劇的な症状改善が治験に関係ある。
前日の審査よりも大幅に記憶力を改善させたスティーブさんでした。
こりゃ余裕で新幹線に乗れるなぁと計算を20分待って会計へ。
それ以外で、先生が処方したものにはお金が要ります。皆さんも治験について学びましょう。
話が最初とかけ離れてるし、初っぱなから断ってんだからさっさとどっか行けよっ![PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 膵炎(急性) ??の話 | トップ | ザルシタビン ??の話 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。