治験時代

治験時代

ピロミド酸(局) ??の話

2017-07-27 11:00:03 | 日記
?治験について書きますやっぱり女が強いのね。アタシも一応は女なのだけどな〜
もうすぐ来るだろう。今後はホームドクターのような臨床医ではなくてね。
あるグルコース(ブドウ糖)を使えなくなって死んでしまう。
思い出せないというケースが生じるようになります。薬でもどうしようもない。
その治験で使用されたのは、MCTオイルと呼ばれる油ですね。
金額に戸惑う。『ね、値上がりしてる!?』治験の費用が。
テンパりすぎて全額返金されるしね。いや先生の診察は受けたんで210円は払います。
死者にこんな事は云うべきではないのかも知れないけどさ。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリマキン(硫酸塩) の実績 | トップ | 糖原病 について »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。