治験時代

治験時代

痔 と効果

2017-05-14 18:00:02 | 日記
?治験について書きますそれと新しい薬との二重盲検試験をやるようです。薬も多いです。
その薬は段々精神を冒して行き、気づいたときにはもう。
自分の娘がわからないアメリカの医師、メアリー・T・ニューポートさんの例。
しかし、失意の中でもあきらめずに別の治験を探していた。
それまで症状が進みすぎて受けられなかった治験を受けられる。
今回は治療を受けるだけやったんで、スケジュール的には楽。
人間のすることやし、ミスはあってしかるべきですわね〜。
自らの見識の誤りを詫びて職を辞する?悔い改めてみることが大事。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンセン病 ??の話 | トップ | 悪性リンパ腫 について »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。