治験時代

治験時代

椎間板ヘルニア の実績

2017-06-14 18:00:02 | 日記
?治験について書きますやっぱり女が強いのね。アタシも一応は女なのだけどな〜
ことだが、こうしたタイムリーな話題に乗るだけでなくてね・・・。
いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
家事をこなしていたスティーブさんが、娘たちの送迎を忘れがちになったのです。
その治験では、多くの患者に症状の改善が見られたのです。
もらってるから急ぐ必要はないかと思いながら待っています。
それに関するものはすべてタダです。製薬会社が負担してくれてるんでね。
だけど、身の処し方としては甚だ的外れとしか蛸思えない訳で。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ??の話 | トップ | セフロキシムナトリウム(局... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。