治験時代

治験時代

九州大学病院治験 の裏話

2017-03-21 03:00:03 | 日記
?治験について書きます元々うちの親はナースやっていたから、医学の役に立ちたいって願望もあったので
これはもう廃人まっしぐら。精神科医を信用してはいけない。
チェックするつぶやく日記を書く1つぶやき4限定公開これで薬品もオッケーに。
ひと月の間に3回も財布をなくすなど、その症状は日を追って顕著になっていきました。
それまで症状が進みすぎて受けられなかった治験を受けられる。
あまちゃんからイノっちに変わった辺りで受付開始。カウンターでね。人力。
さらに数分ロス。結局、東京駅には3時過ぎに到着してほどよい時間にはなりましたけど。
事だと判って居るんじゃないの。因果関係がハッキリしてる。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トスフロキサシン の裏話 | トップ | アルクロフェナク と効果 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。