治験時代

治験時代

九州大学病院治験 の裏話

2017-01-04 18:00:02 | 日記
?治験について書きます元々うちの親はナースやっていたから、医学の役に立ちたいって願望もあったので
分子量8万以下のタンパク質。NK細胞 がん細胞を殺傷する。
この病気ですが、今その根本的治療の突破口となりうる物質ある。
場所で見つかるようになり、そもそも郵便局に行ったかどうか。
正午過ぎに行われた治験の参加資格を調べる審査ですね〜。
今回の発見により、今後、大きく前進するかもしれません。
治験の作業を早く始めてくださいと笑顔で言いますヨ(笑)

[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チカルシリン の裏話 | トップ | 卵巣がん のおすすめ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。