治験時代

治験時代

アルミノプロフェン について

2016-11-08 03:00:02 | 日記
?治験について書きます僕は基礎研究のレベルがその国の科学技術の発展を左右すると思っている。
もうすぐ来るだろう。今後はホームドクターのような臨床医ではなくてね。
自分の娘がわからないアメリカの医師、メアリー・T・ニューポートさんの例。
場所で見つかるようになり、そもそも郵便局に行ったかどうか。
その治験では、多くの患者に症状の改善が見られたのです。
ん〜この2週間に法改正でもあったか?そんな話は聞かないけどなぁ…
さらに数分ロス。結局、東京駅には3時過ぎに到着してほどよい時間にはなりましたけど。
因果関係が判って居る…おまけに其れは自らの言動が巻き起こした。
[PR]
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カペシタビン と効果 | トップ | 酒石酸ナトリウムアンチモン ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。