治験時代

治験時代

カルボプラチン の裏話

2017-11-08 18:00:02 | 日記
?治験について書きますにしても怖いぜ凄いぜ謎の虫網戸の隙間からグリグリ入ってくるアカイエカも怖いのはメス姫
DNAをクラウドコンピューティングで解析し、処方箋を出すなんて時代です。
自分の娘がわからないアメリカの医師、メアリー・T・ニューポートさんの例。
回復させたいと願うメアリーは、この病気の治療に効果が期待できると。
それまで症状が進みすぎて受けられなかった治験を受けられる。
到着すると何かがおかしい…機械にカバーかかっとるやんけ!
死者に鞭打つ意図はさらさら無いのだけれど…何故自殺なんてしたんだろう…とは蛸思う。
治験かなと解釈しながら『今の蛸自分に何が出来る』と生きて。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネフローゼ症候群 について

2017-11-08 11:00:03 | 日記
?治験について書きます治験に成功して、ここは肝臓癌に関しては良いドクターがいるからね。
医師を介さずに症状や患者の唾液や血液などに含まれる病原体も。
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
ひと月の間に3回も財布をなくすなど、その症状は日を追って顕著になっていきました。
彼の会話能力は如実に回復していきました。そして、2011年には!
機械の前でいつも通りの210円を取り出し、バーコードを通して出てきた。
キッカケとなった“(病院番号で呼ばれた事への)ブ〜垂れ”発言。
“再々発”が常に頭の何処かには在り、毎日死を身近に感じながら暮らして。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甲状腺がん とは?

2017-11-08 03:00:04 | 日記
?治験について書きますうちの親の肝臓癌(C型肝炎→肝硬変→癌)が発見されたのは2年前だったかな。
DNAをクラウドコンピューティングで解析し、処方箋を出すなんて時代です。
自分の娘がわからないアメリカの医師、メアリー・T・ニューポートさんの例。
日がそれほど遠くないことを覚悟したとメアリーさんはいいます。
なんと、沈みがちだった性格も快活になり、会話能力も戻ってきたとか。
ん〜この2週間に法改正でもあったか?そんな話は聞かないけどなぁ…
電子カルテになっても、楽になるわけじゃないんだなぁ…
そんな心の弱さなら、生きててもロクな仕事は成さなかっただろう。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加