治験時代

治験時代

院内感染 と効果

2017-11-06 18:00:04 | 日記
?治験について書きます今回の治験(が決定すればだけど)は正に希望が叶ったことになりますな。
精神科医は楽になる薬を処方するが、それは悪魔の薬だ。
スティーブに若年性アルツハイマーの兆候が見られるようになった。ひと月の間に3回も財布をなくすなど、その症状は日を追って顕著になっていきました。
その治験では、多くの患者に症状の改善が見られたのです。
新刊JP編集部千葉から帰ってきましたよっと。薬品の調整中です。
医療行為のミスじゃないのが救いですわ…支払いなら話せば終わりますしね…
数ヶ月おきの病院検査で『次の検査まではとりあえず“生”を許された。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョサマイシン(局) の裏話

2017-11-06 11:00:02 | 日記
?治験について書きますそれは医学の世界でも変わらない。医療のICT化、データベース化に伴って。
気分が落ち込んだくらいで精神科医には絶対かかるな。治験の続きだね。
いわば“脳の糖尿病”。これまで“不治の病”とされてきた。
日がそれほど遠くないことを覚悟したとメアリーさんはいいます。
これは偶然ではありません。アルツハイマー病が劇的に改善した!
あったんですが…ただでは終わらせないのががんセンターである。
それに関するものはすべてタダです。製薬会社が負担してくれてるんでね。
治験だけでも、正せばいい(原因な)のが自分だと判って居るだけ。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睾丸(腫瘍)がん の実績

2017-11-06 03:00:03 | 日記
?治験について書きます肝臓癌で承認されている分子標的薬は現時点では1つ(ネクサバール)なのです。
悪魔に魂を売った人。本当のうつ病のできあがり。治験もできない。
あるグルコース(ブドウ糖)を使えなくなって死んでしまう。
スティーブさんの症状があまりに進行しすぎていたため少し遅かった。
なっていたのです。その後もココナツオイルはスティーブさんにあげました。
到着すると何かがおかしい…機械にカバーかかっとるやんけ!
電子カルテになっても、楽になるわけじゃないんだなぁ…
周囲に掛けた迷惑などへの所謂“ハラキリ”的謝罪行為?責任をとる。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加