治験時代

治験時代

ブフェトロール(塩酸塩)(局) ??の話

2017-11-05 18:00:02 | 日記
?治験について書きますにしても怖いぜ凄いぜ謎の虫網戸の隙間からグリグリ入ってくるアカイエカも怖いのはメス姫
気分が落ち込んだくらいで精神科医には絶対かかるな。治験の続きだね。
自分の娘がわからないアメリカの医師、メアリー・T・ニューポートさんの例。
2001年頃のことでした。この頃から治験もおおやけになってました。
米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能には、MCT(中鎖トリグリセリド)と呼ばれる。
ん〜この2週間に法改正でもあったか?そんな話は聞かないけどなぁ…
患者側が心配するほどの病院です。これでも国内ではトップクラス??
今回の件で学んだ事を今後に活かす?迷惑掛けた相手にはひたすら謝罪して回る…等々、
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

免疫グロブリン製剤 とは?

2017-11-05 11:00:02 | 日記
?治験について書きますそれは医学の世界でも変わらない。医療のICT化、データベース化に伴って。
そのための技術革新に対応した医療システムの構築を望む。
“不治の病”アルツハイマー病の画期的な治療法!これも治験のなせるわざ。
日がそれほど遠くないことを覚悟したとメアリーさんはいいます。
中鎖トリグリセリドを多く含むココナツオイルのアルツハイマー病への効果。
今回は治療を受けるだけやったんで、スケジュール的には楽。
それ以外で、先生が処方したものにはお金が要ります。皆さんも治験について学びましょう。
御遺族にお悔やみを申し上げたいとは蛸思う。これは治験と関係ない。
[PR]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加