この、おかしな国、日本!どうやって生きていくのが楽しいか?

あ~あ~こんな国に生まれちゃったよ・・・・

ボブという名の猫という新作映画を見た・・・

2017-07-08 10:54:30 | 日記

「ボブという名の猫」“ A Street Cat Named Bob “ ストリート・キャット・ネイムド・ボブ という新作映画を見た。ボブという茶トラの野良猫(昔から日本にいる猫だ。まさしく日本猫だ)を、路上生活者=浮浪者=ホームレス=ジャンキー (麻薬中毒患者)をやっている若者が拾って飼った映画だ。



この猫と一緒に暮らしながら、ストリート・ミュージシャンで、猫をそばに置いて歌っていたら、「かわいい(キュート)!」ということでじわじわと幸運がやって来て、それで、麻薬(ヘロイン)も止めることが出来た男の実話だ。

 そのボブという猫(今、11歳ぐらいだそうだ)が自分で出演して、この男の肩に乗って、ロンドンのあちこちで歌を歌ってお恵みカネ(投げ銭)を貰う、映画だ。去年2016年作のイギリス映画で、日本ではこの8月に公開される。私は、プレビューの試聴版が送られて来たので観た。

この猫は、今も映画の役者ではない、本物の方と暮らしていて、きっとふたりは本当に相性(あいしょう)がいいのだ。本物が、最後にチラとカメオ出演で出てきた。役者とほとんど変らない。今は、自分と同じ麻薬中毒で苦しんで浮浪者をやっている人たちを助ける運動をしているそうだ。

 ウエブ(ネット)のツウイターやインスタグラムで、ロンドンで、この猫連れのストリート・ミュージシャンが話題になって騒がれて、小説に書いてそれがヒットして、去年、この映画になった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮の弾道ミサイル実験の... | トップ | 小池百合子という女は・・・ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。