この、おかしな国、日本!どうやって生きていくのが楽しいか?

あ~あ~こんな国に生まれちゃったよ・・・・

フィリピンのドゥテルテ大統領の、立派さを見よ・・・

2016-10-29 16:18:01 | 日記

さて、来日(10月26日から28日)したフィリピンの ドゥテルテ大統領の、立派さを見よ。

 他に、この重要な役割を果たす人間が、この 腰抜け、金玉抜かれ野郎どもの、背骨を、アメリカにたたき折られたままの、日本人に中から、出てこない。

 ドゥテルテは、日本で、バカ野郎の、ヘコヘコ人間の、安倍晋三と会談したと、在日のフィリピン人経済人たちの会合で、27日に、「アメリカは、フィリピン人を、パンを投げれば、くわえて戻ってくる犬ように扱ってきた。

 フィリピンには 何もいいことはなかった。アメリカと、経済的にも、軍事的にも、関係を絶つ 」と言い放った。

 「フィリピン人の尊厳と誇りを傷つけてきた者たちを許さない」 と、 ドゥテルテは、言った。 私は、この男を大統領に選んで、団結して、国家の再生と隆盛を誓っているフィリオピン国民を、深く尊敬する。

 それに比べて、なんだ! この 日本という国は。なんでこんなにヒドい国のままなのだ。 世界の大きな変化を自覚しない。 惨めで、哀れな、アメリカの属国、従属国をまだ、続ける気か。このままいつまでも、属国の奴隷のままなのか。 

 たったのひとりも、本当の気概(きがい、ヴァーチュー virtue 根性) を持った人間が、現れない。 日本が独立国家であることを、真に実現するための国民運動が、小沢・鳩山政権を、2010年に、叩き壊されたときに、無くした。

 私は、東南アジアでは、フィリピンだけは、嫌いだった。穢(きたな)くて、貧乏で、犯罪ばかりで、マニラのマカティ地区という、高級で、防衛してある地区にだけ、日本人の企業の駐在員どもが集まって住んでいる。貧困層、貧民層が山ほどいるフィリピンを嫌っててきた。

 だが、ドゥテルテという偉大な指導者を、頭に押し立てて、これからフィリピンは、急激に変わるだろう。 優れた指導者が出現して、指導者のずば抜けた頭脳と剛胆な実行力を、民衆、国民が、支えて、一致団結したら、その国は、大きな成長をとげる。

 今、世界が大きく、変わり始めている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米大統領選挙は、トランプの... | トップ | ヒラリーは大統領選に負ける... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。