おやじとクソおやじの間(はざま)で

おやじになった自分から見た、クソおやじ像を考える

ちょっと謎

2016-12-20 22:51:10 | こんな本があった/買った/読んだ
今日、真珠先生の本を買いました。

『もったいないばあさんの知恵袋』(講談社、定価1,404円)

先週の土曜日、新宿の紀伊國屋書店で内容を確認しようと思ったら、見当たらない。店員に聞いてみると「人気で売り切れました」という。翌日曜日に近くの未来屋書店に行ったが、そこにもなかった(といっても、この書店にはもったいないばあさんシリーズさえ置いていないから論外)。

そこで月曜日に講談社に聞いてみたところ、「在庫なしで、重版未定です」という。人気なのに重版未定?どういうこと?ネット書店には在庫があるようだが。

どうしても内容を確認したかったので、あたりをつけて吉祥寺の書店に行ったら2冊あった。内容を見て思ったとおりだったので購入した。


1刷。

何か問題でもあったのだろうか?「もったいないばあさん」シリーズは人気があるのに、重版しないのは不思議。

それこそ人気があるのに、もったいなぁーい!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「重版未定」読了 | トップ | さようなら、ショートスキー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL