おやじとクソおやじの間(はざま)で

おやじになった自分から見た、クソおやじ像を考える

校閲ガール

2016-10-12 23:42:47 | TV(その他)
先程まで「校閲ガール」を観ていた。

「書店ガール」、「重版出来」に続く、業界ドラマ。今回のドラマが今までのに比べ、一番自分の仕事に近いかも。

今回、校閲ミスで本にシール張りするシーンがあった。

「超リアル。現場の雰囲気もこんな感じ。実際に取材したみたい。」とはカミサンの感想。カミサンも現役時代、現場に行って何回もシール張りを経験している。当時を思い出したのか「なんか、嫌なシーン」と。

積まれている段ボール。「都販」という架空の会社の名称が入っている。

デザインは、「日販」。でも、読み方は、「と(う)はん」。気をつかってるなぁ、光和インターナショナル。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プライベートバンカー読了 | トップ | 今日の昼食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL