誘われて、山・あ・る・記

自然の中に咲く花を求めて、山野を彷徨い歩く”風よとまれ~息を止めて”指先に一伝わる感動の瞬間♪

2日間、山歩きでした。

2017年05月03日 18時29分55秒 | 田舎日記

    農作業の追い込みが終わったので、2日間の山歩きを愉しんできました。

   1日目は、昨年見ることが出来なかった”目丸山のカタクリ”鑑賞登山でした。

  下山後は、道の駅高千穂に移動して、車中泊で1日目が終了

   2日目は、道の駅高千穂で車中泊して、 明け方から雨が降り午後の天気も案配が悪そうな気配

  起床後直ぐに、尾平の古祖母山の登山口に移動して、朝食を取った後に”アケボノツツジ鑑賞登山”へ向かった。

   1日目、2日目も思う存分花を愉しめて、農作業で疲れた心が潤いを取り戻してくれました。

  山歩きの様子と花々は、ボチボチ紹介しますが、

  速報として、目丸山のカタクリは、後2~3日で見頃は終わりになりそうです。

   道路事情、白小野から内大臣橋は全面通行止めですが、金木地区からなら行くことが可能です。

  また、登山口までの崩壊ですが、最初の崩壊地は通り抜けられますが、2番目の崩壊地はチョット・・・です。

  尚、最初の崩壊地から、登山口まで歩くと20~25分ほどです。(新しい発見も有りました🎵) 

  古祖母のアケボノツツジは、縦走路の最初のピーク辺りは、満開から散り始めです。

  展望台から山頂に掛けては、1週間から10日後位までは、まだ充分に愉しめそうです。

   シャクナゲは、1株だけ見事な開花を見せてくれていただけで、やっと蕾が膨ら来たところでしょうか?

  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草との戦争、第1ラウンド終了 | トップ | カタクリの花(目丸山) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL